2004年11月30日

ワサビ

わさび2(写真をクリック)ワサビを墨に植え替えました。カップに浄水器を通した水を張り、その中へ鉢を浸しているのよ。
水は、毎朝 新しく取り替えてあげます。
葉の色が濃くなって上に伸びてきたよ。
新しい芽も出て来てる。
すごいね。
posted by さい at 18:51| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

とんとろ豚まん

とんとろ豚まん とんとろ豚まん1 とんとろ豚まん3モデルは、とんとろ豚まん。かわいいでしょ?

最近のお気に入り。サンクス・サークルKに売っているのよ。
ガラスの蒸し器の中で みんなきれいに並んで汗をかいている姿を見ると もうダメ。
毎日、一匹は必ず買っちゃう。
今日なんか「とんとろ一つ」とか略して呼び捨てにして注文しちゃって すっかり通。

店員によっては、包むときに無造作に耳の辺りをつぶすように取り扱う馬鹿者がいるのよ。
そういう時は思わず、心の中であーっと声が出ちゃう。
こんにゃろめ!どブス!とガンをつけてやるのよ。

右は昨日買ったとんとろくん。
カバンの中で揺れたのでこんな顔に。
つぶれた顔もまた味があるでしょ。
食べる前に写メするのが基本だね。
posted by さい at 18:41| ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月29日

ジェネレーションギャップ診断

ジェネレーションギャップ診断というのをやってみた。

けっ!いいよ別に。
ナウいヤングだから。

ジェネレーションギャップ
80点

女子高生がぶら下げてたキーホルダーが貴方の手に傷を付けた時、その必要以上にぶら下がるキーホルダーを引きちぎりたい衝動にかられる「今時の子は」が口癖のヒステリック気味な貴方。ある日オリエンタルな部屋で癒されようとベージュのカーテンを購入。すると届いたのはキティーちゃんのカーテン。あの高校生のバイトやっぱり間違えた!と怒り電話。しかし実は店長のミス。後日バイトちゃん達の報復(接客)は言うまでもなく。防犯ブザーのキーホルダーをぶら下げる前に偏った偏見と(ブザーも)捨てて謝んなさいよね。


posted by さい at 20:31| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月27日

山下公園

公孫樹 氷川丸(写真をクリック)今日は半ドンでした。
午前中、U31を読了。

帰りに関内で降りて横浜スタジアムの辺りを散歩。
公孫樹の黄落の盛りでした。
銀杏を素手で拾っているおばあさんがいる。
皮膚がかぶれないのかな?
あまりにキレイなので公孫樹並木の舗道を歩いていたら山下公園まで行っちゃったよ。


有隣堂で、ジェーンに起きたこと、カトリーヌ・キュッセ 創元推理文庫。
posted by さい at 16:55| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月26日

山茶花

長廊下 山茶花1(写真をクリック)この長廊下を毎朝早く、雲水が雑巾がけするのです。体力付くだろうなあ。
これからは、裸足の足が痛みを覚えるほど寒い季節だよ。
大変だなあ。

右は目立たないところに咲いていた山茶花。
もうそんな季節なんだね。

ジョイナスで「反日の構造」西村幸祐、PHP。

ここのサーバーが重いので、日記を書くのもまんどくさいよ。

ところで、カレールーの箱の注意書きに、
いったん火を止めてルーを割り入れてくださいって書いてあるでしょう?
なぜ火を止めるかご存知?

答えは、沸騰した中にルーを落とすとスープが跳ねて火傷する危険があるからだよ。
知ってた?
私は知らなくて めちゃ驚いた!
posted by さい at 19:34| ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月24日

あなたの女王様度チェック

男だけど女王様度チェックをやってみたら和田アキ子タイプだったよ。
この人、大嫌いなのにいっしょとはまいったね。

和田アキ子タイプ
影響力があり、へたに逆らうと後が怖いと思われているタイプ。なので、あなたが一声かければすぐにみんなが集まってくれるようです。まさに「女王様」タイプ。でも実は、情にもろく、寂しがりやな面も。本当は優しく、面倒見がよいことを周囲も知っているために誰からも慕われるキャラのようです。
■恋愛処方箋■
あなたの寂しがりやな面に気付き、フォローしてくれる男性があなたにとって理想の男性。その男性は、あなたの「簡単に素の部分を見せない所」に惹かれているので、へたにかわいい子ぶるより、あなたはこのまま女王様道を突き進んで行くべきです。募集中の人は、そんなあなたを受け入れてくれる彼が現れるはず。

キモイんだよ!


posted by さい at 22:50| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ワサビ

わさび(写真をクリック)うちの冷蔵庫の隅っこでビニール袋に入ったワサビを発見。
袋を開けてみたら芽が出ていたので、職場に持って行って育てることにしました。

ハイドロボールを敷いて、浄水器を通した水を張り その上に置きました。
切り口が下ろし金でゴシゴシこすったままだけど、根が伸びるかしらん?
芽の下から新しい根が出ると思うのですが。

真っ暗な寒いところで水分も無いのに20日以上生き延びて しかも新しく芽吹いているとはエライねえ。

いっぱい繁殖させて来年からは、自家製ワサビを収穫するぞ。

PS
あらやだ俳句ゥ?をアップしようとしてもサーバーが重くて開けないよ。
ここも夜は けっこう重いし
きっと このところブログ人気が高まって新規ブロガーが大量に増えていて
サーバーが対応しきれないのだと思います。。
ご迷惑をおかけしております(・∀・)スンスンスーン♪ません
posted by さい at 21:50| ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月23日

大岡川

横浜家畜病院 大岡川3(写真をクリック)3連休の最終日。昨日、大岡川のほとりを歩いていた時に 一句ものにしたので、今日も二匹目の泥鰌を狙って
同じコースを辿って有隣堂へ。けど、案の定 俳句はできませんでした。

横浜家畜病院の看板、すごいでしょ?
よくウシやウマやヒツジなどが人目をしのんで通院してるらしいよ。
「ゴホン、ゴホン 風邪ひきました。モー」
「草を食べ過ぎておなかが冷えたわ。メエー」とかつって。

のだめカンタービレ有隣堂で 前からひとえさんに薦められていた「のだめカンタービレ」10巻まで購入。
片付けられない症候群のピアノ科の女の子が主人公。才能はあるけど、散漫な性格なので正確な演奏ができない。
日常生活にも支障をきたす。けど、キラリと光る魅力を持っている少女みたいです。彼女を中心に繰り広げられるコメディ。
ストーリーが どんな風に展開するのか 楽しみ。
posted by さい at 14:19| ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アウグスティヌス

『アウグスティヌス講話』(講談社学術文庫)において山田 晶は次のように書いている。
「人間は、どんなことをしても最終的には救われるというのであれば、いかにも神さまはあわれみ深いようですが、しかしその場合、人間の意志的な、パーソナルな存在という性格は消えてゆくのではないか。すなわち、一つのナチュラリズム(自然主義)になってゆくのではないか。」96P

「自分のしたことに対する責任が神から人間に課せられているということは、他のすべての被造物(天使を除く)にまさる人間の偉大さであると思われます。もしそうではなくて、どんなことをしても最後には全部許されるのであるとしたら、そういう意味での責任は消えてゆくのではないか。地獄が現実に存在することによって、むしろ人間の偉大さが際立ってくるのではないかと思います。」97P
 
11月17日の日記で私は、モルトマン神学の教義とオウム真理教が構造において同一であり その特徴は一元論であると書いた。さらに金田一輝のWaby-Saby
の中で、万物が救済されるという教義の世界では、善悪の観念が無くなり、人間の意識も植物人間の状態のようになるのではないか あるいは殺人が横行するのではないかと書いた。そのことを碩学は先刻ご承知でいらっしゃったのである。「ナチュラリズム(自然主義)」というのがそれである。全くその通りだと思う。

「人間の意志的な、パーソナルな存在という性格は消えてゆくのではないか。すなわち、一つのナチュラリズム(自然主義)になってゆくのではないか。」とは、考えるだに深くて恐ろしい洞察に満ちた言葉だと思う。
posted by さい at 12:56| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

占い

はなはなさんのブログで紹介されていた占いをやってみたよ。
はなはなさんと同じ人魚姫だよ。

おとぎ話占い
基本性格 人魚姫
人情に厚く世話好きで、相手の気持ちを上手にくみ取れる人。けれど、時におせっかいと思われてしまうこともあります。感性豊かで想像力が抜群なので、画期的なアイデアを出して、周囲をうならせることが多いはず。また、防衛本能が強くて一度イヤになると、とことん拒絶します。さらに感情の起伏も激しく、気分屋な面も。恋愛には慎重。相手の真意を見極めないと恋に踏みだしませんが、一度心を開くと相手に深い愛情を注ぎます。

((=゚Д゚=)ドラえもん占い
のび太パパさんのあなたは、おおらかで人情味あふれる人です。明るくさっぱりした性格で、態度や表現も背伸びすることはありません。等身大で、ありのまま。周りから見ると、とてもわかりやすく信用できる人です。そのおおらかさゆえ、思ったことをズバズバと口にしてしまう傾向も。裏表が無く素直なのでそうしてしまうのですが、あまり度を越すとそれがトラブルの原因にもなります。しかし、そのあたりを自分でも熟知しているため、周囲の雰囲気を素早く察知して気を配ることもできます。また、才能や実力がある人に対しては、年下や後輩であってもきちんと認めることのできるあなた。強さと優しさをあわせ持った魅力あふれる人情派といえるでしょう。
posted by さい at 12:26| ☀| Comment(2) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月22日

大岡川

大岡川 大岡川2(写真をクリック)カメラの大貫にデジカメを下取りに出しに行った。
大岡川に沿って歩いて。
この川にアザラシのタマちゃんが来たのはいつだったろ?
月日の経つのは早いなあ。
タマちゃんは 今はどこで何をしてるのかなあ?
店員さんは委託販売を勧めるのでお願いしてきた。
早く売れるといいな。

大岡川のほとりの桜並木は紅葉の盛り。
今年は天候の影響なのか色付きがあまり良くないように思う。
カモメがあちこち羽ばたいていたよ。
蒼空を傷つけるみたいに。

ひどいボクシングの試合を見た。
ひとりの選手は、試合中ずっと逃げ回っていたのに 終了のゴングが鳴って相手選手が背を向けてコーナーに向かおうとした途端、背後から思いっきりパンチ。
そのあと恥らうどころか拳を突き上げてアピール。
レフェリーに正当だと言い寄る。見苦しい言い訳。
下品な振る舞いは見ていて不愉快になった。
この選手は前の試合の時もこんな感じだったけど ちゃんとした技術を学ぶ気がないのかしら?
ボクシングを学ぶ前にフェアプレイ精神を学ぶべきだね。
それから もうリングに上がるべきではないと思う。

有隣堂に回り 一輝さんご推薦の「アウグスティヌス講話」(山田晶)を早速入手。
碩学の簡潔にして 無駄の無い わかりやすい文章に接すると心安らぐ思いが
する。
節度と気品、知性と敬虔な信仰。誠実さ。
やはり 文は人なりだね。
posted by さい at 18:41| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月20日

四人の僧侶

作務(写真をクリック)久しぶりの晴天だよ。
やっぱり秋はこうでなくっちゃね。
早朝から雲水が作務。
日に日に寒くなるし 落ち葉は掃いても掃いても減らないし大変だよ。

関係ないけど、唐突に吉岡 実の詩を思い出した。
久しぶりに読むかな。四人の僧侶

忘れないうちに書いておくとブラウザをモジラに変えてみたのよ。
変えてから結構経つのですが、今日あらためて軽さ、速さを実感しました。
サーバーが込んでいる時は、IEとは比べものにならないくらい速いです!
IEに不満のある方は一度お試しあれ。ただでダウンロードできるよ。
URL貼ろうか。
IEはセキュリティの問題も指摘されているので乗り換えユーザーが急増らしい。
モジラ・FIREFOX

ようやく週末だよ。
今週は、ほんとに品がないなあと呆れはてたことがあったりして、疲れたな。
posted by さい at 23:03| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月19日

安心していいよ、東天さん!

驚いた!
さっき、モルトマン神学を信奉している東天さんのブログを見たら
はてなダイアリー天の川
http://d.hatena.ne.jp/touten/
コメントがまた書けるモードに変更されている。
しかも、その理由が
「わたしは本来解放的なのがすきなのでコメントをどなたでも書き込めるものにもどしました。」
となっているが仕事が多忙故ゲストモードを閉じたのではなかったのか?

うちのブログにもそのようにコメントを残しているし私信メールもいただいている。

さらには
「理論や教理ではない、信仰者としてイエスの心に近いほうに私は歩んでゆきました。」
このようにお書きになっていてまたまたビックリ。
そのようにご自身を誤解なさっていらっしゃる方だと思ってはいたが、

今日の私信の中では、
私(だんぴ)のモルトマン批判は勉強不足で理論武装が稚拙である、
一方、東天さんは長年に渡ってキリスト教の学習を研鑽してきたという自負する内容である。
だんぴは、キリスト教の教理を一から勉強した方が良いというメールをいただいたばかりなのに、
ブログの書き込みと正反対の内容。

どうなっているのかしら?

この4日間の変遷を見ると、

多忙故、ゲストのコメントを書けない設定にする。
        ↓
見当違いのコメントを削除するという決定
        ↓
「本来解放的なのがすきなのでコメントをどなたでも書き込めるものにもどしました」

「天の川」しか見てない人は、日替わりで見解が変わる理由が全くわからないだろうなあ。

要するにこの四日間、ウラでもオモテでも私を押さえ込むことに失敗しているということなんじゃないの?
今日の コメントを書き込める設定に戻した理由は、昨日のだんぴ批判をここで反論されたのが効いたからじゃないの?
朝令暮改。
コロコロと変わる見解。
私の方は誠実に対応しているつもりですが、昨日今日とこのような言行が不一致だと不信感が高まっちゃうよ。

思うに東天さんは、悪意があっておやりになっていらっしゃるのではなくて
無自覚すぎるのじゃないかなあ。
ウラでもオモテでも正攻法で私を批判して下されば、私もさらすようなことはしないのに。

俳人 五島某の対応と同じような展開になりつつあるね。
卑劣だなあ。
私はあーいうのに巻き込まれるのが嫌なので、
東天さんの知らないところで
モルトマン批判をすることにしますわ。

安心していいよ、東天さん!

PS
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!
勝利宣言している模様。
うちのブログのURLを貼ってやらないと読む人は何が何だか
意味がわからないのに。
私が書き込まないと確信した途端、
珍説展開。
品が無いな。
誠実さの欠片もなくて心痛まないのかな?
フシギ!



posted by さい at 23:41| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バオバブも昇天か?w

ドングリ(写真をクリック)この写真とは無関係のことなのですが、ただ一つ残っていたバオバブが枯れそうだよ。
このところ寒い上にお天気に恵まれないので もろに影響を受けてしまったようです。
ビニール袋で覆うと湿度が上がり過ぎてカビが生えるし 難しいものだわ。
今週末が峠かも。
かわいそうに。

中心に小さな芽もあるにはあるのだが 心もとないなあ、なんとか生き残ってくれるよう祈るばかり。
ま、40個以上種があるので 来春はこの経験を生かしてがんばろっと。

この占い、当たるという評判。
私の場合は全く当てはまらない気がしたわ。
よかったら試してみて。
 
カバラ数秘術
http://www.cc.rim.or.jp/~tau/kab.html
posted by さい at 21:22| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月18日

モルトマン神学信奉者へ

モンキーポッド9(写真をクリック)モルトマン神学を紹介してくださった東天さんのブログ日記にコメントが書き込めなくなったので、やむなく こちらに書くことにする。

はてな日記 天の川
http://d.hatena.ne.jp/touten/
これからは意に染まぬコメントは削除するのだそうだ。
それはまあ、当然ですね。
自分のブログなのだから誰にも気兼ねする必要はありませんね。

しかし、現在ユーザーモードで ゲストはコメントを書けないのだから、削除しようもなにもないじゃん。
再びコメントを書ける設定にした時に、注意書きすれば良いのに。

誤解があるコメントが削除対象になるという例で、デリダを読んだこともないのにデリダに詳しいと誤解した私の件があげられている。

(デリダについて誤解したのと同じようにモルトマン神学についても早とちりして誤解しているという印象操作がしたいのかな?)

けど、それこそ誤解です。
これ、ふつう 世間では誤解じゃなくて皮肉というのです。

同一性を主張する粗雑な 内容がスカスカのモルトマン神学と 同一性批判を生涯のテーマにした緻密にして繊細なデリダは正反対じゃん。

それから「デリダ追悼」というタイトルで弔句を書いていらっしゃる。
追悼という言葉の意味をご存知ないのかな?

追悼・・・死者の生前の事を思い出して、その死を悲しむこと。(新明解国語辞典)

生前の業績を何も知らないのに、どうして東天さんは追悼できるのかなあ?
ふつうの人は、東天さんはデリダの生前の業績を思い出して、その死を悲しんで弔句を贈ったのだなあと考えるのが真っ当な反応だと思うけど。
弔句まで贈るというのは 相当熱心なファンだよ。
おそらく、デリダ追悼句って、全国でもほんのわずかだと思う。
私の場合は 皮肉だけど、素直に読めば誤解するのが普通だと思うなあ。

それとも哀・楽という感情のあり方を否定する一元論者には悲しみという感情が無くても追悼が可能なのかな?

ご自分の俳句を長々と解説するのも、いけなくはないが格好悪いです。

ゲストのコメントを書けない設定にして一方的に自説を展開するのもルール違反だなあ。
これはitsukiさんに対しても。

私のモルトマン神学批判が誤りであるならば、じゃんじゃんお書きくださいね。
議論は楽しいね!!!
批判大歓迎!
私が間違えているときは、謝罪の上、自説撤回しますので。
もちろん、対論者にも同様の対応を求めますが。

私も東天さんから 大いに学びたいと思いますので、さらなるご指導を
いただきますよう よろしくお願いいします。





posted by さい at 19:05| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月17日

この占い、面白い!

あなたの知らない本当の自分
http://www.mihori-mari.net/cgi-local/mindtest.cgi?jenre=3

あなたの本当の理性度
●●●あなたの理性度はかなり高めです。自分ではさほど冷静だと思っていないようですが、心のバランスを取っていたいほうなので理性で感情をコントロールすることが得意。恋をしても翻弄されることは少なく、思いがけないハプニングが起きても理性で対応できます。

あなたの本当の感性度
●●●自分では感性が冴えているほうだと思っているようですが、あなたの感性度は一般的。周りの人と同じ感性を共有できるので人づきあいが上手です。また、直感が鋭く、イマジネーションも適度に豊かなので、あなたが創りだすものには多くの人が共感してくれそう。

あなたの本当の感情度
●●●あなたの感情度は低め。自分では落ち着きがないほうだと思っていますが、イライラしたり怒ったりすることはあまりありません。緊張することも少ないでしょう。自分の感情や周囲の意見に振り回されることなく、冷静に状況を判断しながら適切な行動ができます。

あなたの本当の欲望度
●●●あなたの欲望度は高め。自分ではそれほど欲望がないと思っていますが、変化と自由を求め、時代の波に乗って柔軟に生きることを強く欲しています。あなたにとって人生は一つのゲーム。自分の目指すゴールに向かう過程を楽しむことで心が満たされるでしょう。

あなたの本当の思考度
●●●あなたの思考度は低めです。考えなしの行動をすることはないと思っていますが、即断即決型なので、じっくり熟考することは少ない様子。それでも失敗することが少ないのがあなたの特徴。頭の回転が早いので、さわりだけ学べばすぐに全体をつかんでしまいます。

あなたの本当の愛情度
●●●あなたの愛情度は、やや低め。自分では真剣な愛情を欲していると思っていますが、本当に求めているのは、束縛されない自由な愛情。たとえ恋人でも自分の自由な時間を奪われるのはとても苦痛。自分の時間や友人との時間を妨げない愛情が理想だと考えています。

あなたの知らない本当の自分・総合診断
●●●あなたの中には、何か一つのことに執着するのを嫌うために、多くのことをスピーディかつ軽やかにこなしていきたいという気持ちがあるようです。自分で思う以上に、頭の回転が早く、知的好奇心が旺盛。また、新しいものに目がなく、流行をキャッチするセンスも抜群です。思考は理性的で、バランス感覚も冴えているため、友人と恋人、仕事と遊び、といった対立するものも上手に処理できるほうでしょう。あなた自身、自分には本気で夢中になれるものがない、と思っているようですが、実は心の奥に「これだけは譲れない」という強い思い入れのあるものがあるのでは? 軽やかな言動の裏側には、堅固な情熱と目標が隠れているようです。実際、本当に大切なことのためには感情的にもなるし、周囲と対立することも厭わないはず。クールに見えて、実はなかなかの情熱家なのです。

COCORO・ADVICE
●●●気分転換が上手なので、それほどストレスをためこまないほうですが、ちょっとイライラしたときには友人とおしゃべりを。また、日記をつけると気持ちを整理できるはず。


posted by さい at 19:58| ☀| Comment(4) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モルトマン神学批判のためのノート

地獄の無い世界ほど恐ろしい世界は無い!以下は、その恐ろしい世界について。
(モルトマン神学とは、フェミニズム神学の一派)

<大多数の少年、少女は幼児体験からして異にしている。少年は「自分が母親とちがう」ことを思い知らされる。この初期の経験も彼が、男と女、悟性と感情、頭脳と心、技術と自然、神と世界といった二元論的観念でものを考えたがるようになる理由かもしれない。
ところがこの二元論こそ、女性たちが今日脅迫的に感じているものなのである。私たちの思考パターンを形成しているのはこの二元論である。これが私たちすべての、つまり男性優位に創られた世界の特徴をつくりあげている。これは生活の豊かな」緊張をつくる両極性では決してない。この二元論は世界をヒエラルキー的に秩序づけ、その結果、男は女にまさり、悟性は感情を
支配しなければならず、技術は自然より重要だということになる。この二元論は、世界を互いに無関係か、極端な対立関係におちいるような生活領域に分割してしまう。>女の語る神、男の語る神 E.モルトマン J.モルトマン著 新教出版より

・二元論は男性的な発想である。
・その根拠は、少年時代に「自分が母親とちがう」ことを思い知らされるという経験が理由かもしれない、という薄弱なものである。
・二元論が女性の側から否定的に示される。
・女性も(男性)、否定も(肯定) 二元論的発想であるにもかかわらず。
・女性側からの二元論の否定だけが有効であるという根拠が示されない、示すことが出来ない。
(ヒエラルキー・支配等は根拠ではなく、結果である。)
・正邪、正誤という(二元論的)発想を自ら否定している。
・故に自説の正しさを証明する手立てを自ら失っている。
・批判も無効になってしまう。
・一元的に閉じた、完結した世界観が述べられている。
・引用文はまえがきから、すなわち、本書に対する否定的論評が用意周到にあらかじめ拒絶されている。
以上のことから、本書は科学・人文科学としての要件を満たしていないことが明白だと思う。

モルトマンは異教徒も植物も石も すなわち万物が昇天するという一元論的思想を提唱しているということであるが、
天国という観念も 対する地獄という二元論的な観念に支えられているのであるから、キリスト教徒であると自認しているにもかかわらず天国の否定という誤謬を自ら犯す結果となってしまう。
・万物の昇天の保障が現世での善悪の行為を無意味にしてしまう。
・異教徒や石でさえ救済されるのであるから、信仰という行為が無意味のものになってしまう。
・キリスト教の影響下にある思想には違いないが、以上の理由によって
モルトマンの神学はキリスト教とは全く無関係である。

一元論的世界について
では一元論的世界はユートピアか?
私たちはすでにオウム真理教にという格好のモデルを知っている。

モルトマン、神が万物を救済する。
麻原、宇宙の最高神と来世で合一する。

私も万物の一部、宇宙の一部なので、私の自由な意志を全く考慮せずに、自動的に救済の対象に含まれてしまう。
信者で無いにもかかわらず。
地下鉄サリン事件被害者は、オウム信者ではないにもかかわらず、宇宙・万物の一部なので、ポアと称して来世へ送られてしまった。
来世へ行くことを望んでいなかったのに!

どんな宗教であれ、その教義を信じている人だけが、昇天すれば良いのであって、信者でない者は天国も来世も関係ない。
信者で無い者は、その教義を共有していないので地獄や天国といった観念にそもそも無関係・無関心である。
モルトマンの教義の信奉者は天国(と思い込んでいる)、キリスト教信者は、天国・地獄、そのどちらかに行くのかも知れないが、、
無宗教の者は、ただこの世から消えて無くなるだけで、
それにたいして不満や恐れはない.

しかし、モルトマンの神学やオウムでは、 「来世へ行かない自由が無い!」
誰しも 万物・宇宙の一部であることをまぬがれないから。

両者の教義によれば、信仰の有無にかかわらず、あまねく救済の対象にされてしまう、という霊的全体主義において同一の構造を持っている。

さらに、前述の通り、昇天が保障されているので、現世での罪という観念や善悪の行為が無意味なものとなってしまう。

サリン撒布実行者が修行と捉えていて罪や悪という自覚がなかったというのは報道で知るところだ。

以上の理由によって一元的世界はユートピアではない。

地獄の無い世界ほど恐ろしい世界は無い。
地獄の存在こそが、われわれの生をいきいきと歓びに満ちた豊かなものにしてくれるのである。
posted by さい at 18:43| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月15日

残念(´・ω・`)ガッカリ・・・

サル(写真をクリック)サルもアボカドに登る。
TBしたサイトで面白い議論が続いていたのに突然コメントできなくなってしまった。
その理由を私信メールにて教えていただいたが、議論の対論者のあり方としていかがなものか?ということさえ書けなくなってしまったので、ここで筋を通しておくことにします。
http://d.hatena.ne.jp/touten/

モルトマンという人のフェミニスト神学は、オームと全く同一の構造を持った思想なので、いずれ著書を入手して本格的に批判をしようと思います
発表する媒体は未定だけど。

モルトマンを教えていただいたことに感謝します。

これ、オームと同じで口当たりが良いので流行るよ。
めちゃ危ない!


posted by さい at 23:24| ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月14日

無題

農作業 メタセコイヤと空モンキーポッドは影が出来るほどになったよ。農作業もはかどるね。

右は総持寺のメタセコイヤの並木。

ずっと携帯の写メールをアップしているのですが、もっとましなデジカメがほしいなあ。
posted by さい at 10:55| ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月12日

脇見はキケン!

農作業(写真をクリック。耕衣に着替え、農作業中の私)

天心にして脇見せり春の雁      永田耕衣

初めてこの句に触れたのはいつのことだったろう?
高校生の頃 憑かれたように読んだ詩人の吉岡 実の著作を通じて
知ったのかもしれない。

一読、なんと大らかで明るくほほえましい句であることよと感嘆したものだった。
翼をいっぱいに広げて 春の大空をゆく雁の姿を想い描いたものだった。

特段、鳥が好きというわけではないが、鳥を詠んだ句、とりわけ
豊かなふくらみのある 味わい深い句に惹かれることが多い。

除夜の妻白鳥のごと湯浴みをり    森 澄雄

この句も長年、口の端にのせている句のひとつだ。

白鳥が少し羽をゆるめて 長い頸を器用に曲げながらわきの下に
嘴を差し込む仕草。
除夜の妻も一年の疲れを癒すために ゆったりと湯舟に身をしずめて
わきの下にタオルをつかう。

いつの頃からか、私の頭の中では耕衣の雁と澄雄の白鳥の句が
響き合い、照応し合うようになった。

そこで再び、耕衣の句にもどる。

羽をいっぱいに広げて ゆうゆうと大空を渡っていく雁。

見晴らしの良い大地に立って見上げる耕衣。

耕衣の視線の先には 雁のわきの下が丸見えである。

自然がふと垣間見せるエロティシズムのなんと健康的なことだろう。
そして、それを的確に捉える俳人の力量恐るべし!
このように読んでいた。

ところが、よくよく見ると
脇見せり、である。
腋見せり、ではない。

この句意は正しくは、
春の空を渡って行く雁がよそ見をした というのである!
脇見運転をしながら飛んでいるというのである!

人の目が顔面の正面に付いているのと異なり、雁の目は
側頭部に付いている。
であるから、
脇見をするも何も、ちらっと流し目をくれれば、脇は見えるのである。
そんな微細な眼球の運動を地上から人の目に捉えられるわけがない!

私もこの句を脇見しながら誤読していたのであろうか?


posted by さい at 21:21| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。